つい先ほどのことですが、「たまにはプリセットの壁紙もいいかなあ」と思いつつ設定.appを漁りに行ったらあらびっくり。サムネイルが大変なことになっているではありませんか。

とりあえず黒いサムネイルのまま壁紙を設定してみても真っ黒な壁紙が設定されてしまい、iPhoneの中に入ってる画像の実体ファイルでも壊れたのかと思いつつi-FunBoxで中をのぞいてみたところ、とりあえず実体ファイルが壊れていないことは確認できたので、一安心しつつネットの海を捜索する旅に出ました。

まずは設定.appをターゲットにして検索してみたのですが、有用な情報はまったく出てきませんでした。そこで、発想を逆転させて写真.appで使われるカメラロールのサムネイル関係で検索をかけてみたところ、このようなページが出てきました。sqliteのデータベースをいったん削除して再構築させればとりあえず直るようです。まあ、わざわざカメラロールとプリセットの壁紙でキャッシュファイルを分ける必要性はないですからね。しかし、この情報はいささか情報が古い(iOS4での情報)ので、iOS5でこのまま使えるかに関してはいささか疑問が残ります。少し検索を続けたところiOS5での成功例がありましたので、安心してやってみることにしました。

1.i-FunBoxなりiPhone Explorerなりを使って [root//var/mobile/Media/PhotoData] にアクセスします

2.そのディレクトリにある [Photos.sqlite] [PhotosAux.sqlite] [com.apple.photos.caches_metadata.plist]をiPhone上から削除します

3.Respringした後に写真.appを起動してデータベースを再構築させます。

写真.appでこの症状に陥った人は大勢いたようですが設定.appではこのような例を見つけることができなかったので、参考にして頂ければ幸いです。