センター試験が終わったあたりに初めて使った自作PCがついに壊れました。電源ボタンを押してもうんともすんとも言いません。稼働期間は約3年半というところですかね。

少し検索してみたんですが、電源すらつかない場合は電源ユニットかマザーボードの故障が疑わしいようですな。個人的には電源ユニットを交換したら普通に動き始めたというオチを期待しているんですが、マザーボードまで死んでる場合は一から作り直さないといけないですねえ。数年前にこしらえたPCなので、今使っているCPUに対応したマザーボードはもう製造されていないんじゃないかと。近所にあるショップにでも相談してみようかしら。

やっぱり、PCの中は定期的に掃除した方がいいようですねえ。自分の環境ではPCの近くにベッドがあったこともあって、ほこりまみれになっているであろう事が容易に想像できます。金銭的問題ですぐに代替部品を用意できないこともあって、まだ内部の状況確認をしていません。そのまま復活してもいいように、ついでに掃除もしてやろう。

あと、そのまま使い続けられるのならメモリの増設もしたいんですよね。32bitOSをメインとして使っている時代に作ったものなので、搭載メモリが4GBのままになってるはずなんですよね。まだメモリスロットも余っていたはずですし。問題は、まだ市場にDDR2が出回っているかどうかですね。無理かもな。