23日にSoftBankオンラインショップからiPhone5が届いたのですが、そこにはなんと小さく塗装がはげている箇所が。まあケースを使えば見えなくなるとも思ったのですが、iPhone4Sでももらった段階で金属部分に傷が入っていたことを思い出し、今回はきっちり交換してもらうことにしました。とりあえずAppleの交換用在庫があることを祈りながら先に連絡した上で、SoftBankには電話機切替期限を延長してもらえるよう連絡することとしました。なお、今回は発売されたばかりの商品ということもあり、速報性を重視してその都度更新する形を取りたいと思います。

(2012/09/[email protected]:59 Apple側への連絡)サポートページから必要事項を入力すると、すぐに登録した番号に電話がかかってきました。5分ほど保留音で待たされて担当者をたらい回しされたあげくにようやくちゃんとした担当とおぼしき人に。その人によると、「交換の受付はするが、1週間後にもう一度連絡する」というなんとなく腑に落ちない対応をされるも、まあ発売直後だしということで了承する。手続が終わると「スケジュールが取れなかったから、そっちの方からまた連絡してほしい」というこれまたよく分からない対応をされる。まあ、いちいち文句を言っていても話が進まないため、忘れないようにGoogleカレンダーに予定を入れて終了。電話が終わったあとにAppleのサポートページで問い合わせ番号を入れてみたら、ステータスが「クローズ済み」となっていたんだが本当に大丈夫なんだろうか。保留中とか、なんかもうちょっとマシなステータスにしてほしかった。

(2012/09/[email protected]:59 SoftBank側への連絡)今度は勝手に電話機の切替作業をされないために、切替期限を延長してもらおうとSoftBankに電話してみた。なぜか平日の昼間にもかかわらず無駄にサポートセンターが混んでおり、それだけで10分以上も待たされた。おまけに、保留音がなぜか震災関連の話題(チャリティホワイトの宣伝)になっており、それだけでなぜか気が滅入っていった。差し障りのない音楽でも流してほしかった。オペレーターにつながったあとは非常にスムーズであり、とりあえずこの電話で10日間延長してもらうことに。ちなみに、サポートでは10日間ずつしか延長することができないらしく、それまでに間に合わないようであればもう一度連絡してほしいそうだ。これでとりあえずは一安心。

(2012/09/[email protected]:46 Apple側への連絡)前回から1週間ほど経過するため、そろそろ交換してもらえるだろうと思い再びAppleへ連絡。しかし、まだ商品を用意できていないようで、結局10日後くらいにまた連絡して欲しいと言われる始末。「準備ができ次第そっちから連絡してもらえないですか?」と聞いてみたところ、「このような大きな事態になっているため、お客様の方から連絡してもらっている。」といった内容の返事が。平たく言ってしまえば「そんなことしてたらキリがない!やってられるか!」ということなんでしょうけど。「大部分が予約の方に回ってるんですか?」とも聞いてみたところ、「連絡してもらった順に交換用の在庫を確保している。そこは安心して欲しい。」と言われました。文句を言ってもないものはないわけですし、まあ待つしかないですねえ。

(2012/10/[email protected]:20 SoftBank側への連絡)前回の連絡でかなり時間がかかりそうなことが分かったため、また期限の延長をしてもらおうとSoftBankのカスタマーセンターに2回目の連絡。また10日間期限を延長してもらいました。

(2012/10/[email protected]:40 Apple側への連絡)もうそろそろいい加減交換してもらおうと思いAppleに3度目の連絡。ようやく手元のiPhoneを集荷してもらえることになったのですが、「使うに当たって支障のない範囲の傷であればそのまま送り返すことになる」と言われました。普通、傷の付いた状態のものを売ること自体がまずおかしいと思うんですが。Appleと委託先であるFoxconnの品質管理が行き届いていないツケをユーザーに押しつけないで頂きたい。まあ、強い交換希望という意思を履歴に残しておくとは言われたものの、さあどうなるかな。水曜日にはクロネコヤマトのSDが集荷に来るそうで、到着後3〜5営業日で対応するとのこと。

(2012/10/[email protected]:33 Appleから驚愕の連絡)Appleから「動作にも問題ないし傷も範囲内だからそのまま返すわ」とメールが来ました。ふ ざ け る な

(2012/10/[email protected]:21 ヤマトからiPhoneの受取)本当にそのまま返ってきました。あっちに文句の一つも言ってやりたいけどやる気が出ない。