約2年ほどGMOインターネットの運営しているVPSのConoHaでこのサイトを運用してきましたが、仕事先等でもAWSを使うようになったこともあり、余暇の勉強時間に積極的に触っていけるようAWSの東京リージョンにサーバーを移行しました。

これまではこんな感じの構成で運用を行ってきましたが、サーバーはECSを使ってクラスタ内のサーバーでコンテナがデプロイされるようにし、リバースプロキシが担ってきたアクセスの振り分けはALBを使用するようにしました。DBもRDSを使用するようにしたので、サービス側の都合で勝手につけられるDB名へのプレフィックス等もなくなり、DBの名前等もこちらで自由に決定できるようになったため地味に便利です。

今は無料期間内なので運用費がかからないのですが、贅沢にAWSのサービスを使っているため来年以降はそこそこいいお金がかかってくるようになるかと思いますので、RIをうまく使っていかなければいけません。GCPだとf1.microは1個常時無料になったりしているので、AWSでも無料枠の改定がないかなあと期待しています。

AWSさん期待してます・・・